更年期障害には大豆イソフラボンよりプエラリア

プエラリアの効能論文

プエラリアの更年期障害に対する効能に関する論文

プエラリアの更年期障害に関する効能に関した論文をこちらでは紹介いたしますが、残念ながら日本ではこの方面の研究があまり進んでおらず、プエラリアの原産国であるタイ国での論文が主体となっています。

残念ながら、私は英語が堪能ではありません(申し訳ありません)ので、こちらではNCBI(国立生物工学情報センター)というアメリカの国立衛生研究所の国立医学図書館の下部機関に載っている論文を要約した内容を添付しておきます。

ご参考になるかどうか分かりませんが、気になる方は読解に挑戦してみてください。

Effect of Pueraria mirifica on vaginal health

タイのマヒドン大学医学部の研究による論文要約です。


プエラリア・ミリフィカの効能1

  • 題名:閉経後女性における膣の健康に関するプエラリアの効果について
    • 内容:閉経後女性71名を対象に、プエラリアミリフィカを20, 30, 50mg の量で24週間摂取させたところ、エストロゲン様作用が見られ、膣の乾燥症状の改善が見られました。このことから、プエラリアミリフィカはエストロゲン様作用により性交疼痛の緩和、膣萎縮の兆候改善など更年期障害緩和に役立つと考えられます。

Effects and safety of Pueraria mirifica on lipid profiles and biochemical markers of bone turnover rates in healthy postmenopausal women

タイのマヒドン大学の研究による論文要約です。


プエラリア・ミリフィカの効能2

  • 題名:閉経後女性における骨代謝回転率に関するプエラリアの効果と安全性について
    • 内容:閉経後女性71名を対象に、プエラリアミリフィカを1日に20, 30, 50mg の量で24週間摂取させたところエストロゲン様作用が見られ、骨代謝の改善が見られました。一方で子宮内膜の厚さ、乳房組織、全血球数、肝臓および腎臓に非摂取者との間に有意差は見られませんでした。このことから、プエラリアミリフィカは大きな副作用を伴わない骨粗しょう症予防効果が期待されます。

Efficacy and safety of Pueraria mirifica (Kwao Kruea Khao) for the treatment of vasomotor symptoms in perimenopausal women: Phase II Study

プエラリアの原産国であるタイの病院産婦人科の研究による論文要約です。


プエラリア・ミリフィカの効能3

  • 題名:閉経後女性における血管系の症状の治療に関するプエラリアの効果と安全性について
    • 内容:更年期症状患者48名を対象に、プエラリアミリフィカを1日あたり100mg の量で6か月間摂取したところ、更年期障害における血管系の症状、すなわちほてり、のぼせ、寝汗などの諸症状の改善が見られました。プエラリアミリフィカは植物性エストロゲンとしてのはたらきを持つことから、更年期障害の緩和に役立つと考えられています。

Pueraria mirifica phytoestrogens improve dyslipidemia in postmenopausal women probably by activating estrogen receptor subtypes

英語ですが、群馬大学の研究による論文要約です。


プエラリア・ミリフィカの効能4

  • 題名:閉経後女性における脂質異常症の改善に関するプエラリアの効果について
    • 内容:閉経後女性19名を対象に、プエラリアミリフィカ根乾燥物を1日あたり100mg の量で2ヶ月間摂取させたところ、血清HDLコレステロールとアポ蛋白A-1の増加、LDLコレステロールとアポ蛋白B-1およびLDL/HDL比とアポ蛋白B/アポ蛋白A比の低下が見られたことから、プエラリアミリフィカは高脂血症ならびに動脈硬化予防効果、生活習慣病予防効果をもつことが期待されます。



余計なものが一切入っていない「プエラリア99%」なら、
これらの効果が十分に得られそうですね♪

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

墓地 代々