更年期障害には大豆イソフラボンよりプエラリア

そもそもプエラリアは

プエラリアってなに?

プエラリアは芋

バストアップにプエラリアがいい!という話をよく聞きますが、そもそもプエラリアってどんなものなんでしょうか?

ウィキペディア
プエラリア(学名:Pueraria mirifica)は、タイ北部やミャンマーの山岳地帯など、亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物。
塊根に含まれる成分はショ糖 (砂糖)・食物繊維が大部分だが、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれており、含有量は大豆のほぼ40倍にも達する。


とあるように、バストアップに効果があるハーブなどと宣伝されていますが、見た目そのままいわゆる「芋」です。

ですが、ただの「芋」ではありません。

おなじマメ科クズ属の「葛(くず)」の根(根塊・芋)が「葛根湯」といういつも風邪の時にお世話になる立派な漢方薬に用いられているように、いろいろな薬効成分が含まれている「芋」なんですね。

プエラリアの含有成分

ウィキペディア
プエラリアには、プエラリン、ダイジン、ゲニスチン、ダイゼイン、ゲニステインといったフラボノイドを含有する。

エストロゲンを活性化する誘導体はゲニステイン、ダイゼインに大別できるが、プエラリア・ミリフィカは、より活性の強い類縁体・ミロエストロールやデオキシミロエステロールが含まれ、更年期障害の軽減や、ホルモン置換療法、他にも女性の美肌作用などに効果が期待できるとされる。

また女性が注目するのは、過去、イギリスの学術雑誌『Nature』において“プエラリア・ミリフィカには「プエラリン」という美乳効果をもつ成分(大豆イソフラボンにはほとんどない)が多く含まれる”との趣旨が発表されたことも、大きな理由の1つと思われる。一般には“白”の多くが「ガウクルア」とも表記され、サプリメントとして市販されている。


まあ、ようするに、
プエラリアには、大豆イソフラボンよりも何倍も何十倍も強力な女性ホルモンの作用があるので、女性らしいボディを作るのはもちろん、更年期障害を軽減させる働きも期待できますよ!ということです。


実際に飲んでみた40代、50代女性の感想はこちらからどうぞ
   ↓↓↓↓↓

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

墓地 代々